主婦の再就職成功の前提とは

女性の方の再就職について考えてみたいと思います。
今回は、特に40代主婦の方の再就職について考えてみたいと思います。

 

その女性は、長くOLをやっていて40になってから結婚して退職されたんですけども、専業主婦になってから、しばらくたって経済的にあまり余裕がなかったということと、自分としても仕事をしっかりして生活を充実させたいという気持ちを持つようになったということです。しかもパートとかの非正規雇用ではなくて、以前やっていたような正社員として、バリバリ働きたいという希望がありました。

 

ただ、その方のご主人は奥さんが仕事に出られることに対しては反対で、それでどうするべきかということで悩んでいる方です。

 

今のご時世、女性にかぎらず転職や再就職は非常に厳しいです。

 

ましてや40代で仕事をやめてからブランクがある主婦の方が、さらに正社員で再就職しようとなると相当大変です。かなりの苦戦が予想されますし転職活動に必要なお金がそれなりにかかってきます。

 

ということはですねやっぱり再就職を前成功させたり再就職後の生活を充実させるためには、やっぱりご家族のベクトルがその女性の就職に向けて、一致しているってことかやっぱり不可欠です。

 

家族の理解と協力がなければ、よっぽど本人に強い就職の動機がなければ、活動そのものが多分続かないと思います。家族からの反対とかもあって就職への悩みとか迷いみたいなものがあったとしたら、それは採用側から必ず見透かされてしまうと思うんですね。

 

今でさえ、こういう転職環境なので条件とか構わずに100%の意欲を持って応募してくる人もいくらでもいる状況です。その中でその女性のように再就職に迷いを持っていらっしゃる方を採用側があえて採るのかということです。

 

たぶん難しいと思います。

 

もし仮に首尾よく再就職できたとしても、その後その方も本人が仕事をするということに対してご家族の理解がなかったら、やっぱり再就職した後の生活というのも充実したものにはならないという風に思うんですよね。

 

ですので、まずご自身にとって仕事をする再就職するということは本当に必要なことなのかということをまず検討してください。検討した上で、それでもやっぱり自分に再就職が必要だ、さらにはご夫婦とかご家族のおより良い将来のためにも再就職が不可欠なんだ、ということなのであれば、まずは転職活動を始める前にご主人とかご家族に理解してもらうように話し合ってください。すべてはそれが前提であり、すべては、そこからかです。

 

同じような状況の女性がいらっしゃいましたら、まずはご家族の理解を得ていただいて、自分が再就職するんだという方向にベクトルをまずは一致させてください。

主婦の方で独身時代は、薬剤師としてバリバリ活躍していて結婚を機に退職したが、子育ても一段落して最近、復職を希望している女性の方は、薬剤師の転職で利用者の94.8%が満足と回答している「薬剤師ナビ」がおすすめです。薬剤師の転職支援サポート会社に厳選された3社に一括登録できるからです。詳しいことは、下のリンクからご覧ください。
薬剤師ナビで3倍の求人に出会って3倍のスピードで転職